ゲストさま、みんげい おくむらへようこそ!

民藝と手仕事の道具 みんげい おくむら本店TOP > 窯名や作家名で器を選ぶ > まさひろ工房(沖縄・仲村まさひろ) > まさひろ工房のやちむんを使う



やちむん まさひろ工房


まさひろ工房のやちむんを日々の暮らしに



上の写真のパスタ、実は本当に具材や作り方を言うのも恥ずかしいくらい、有り合わせの、間に合わせ。
実は仲村さんの魚紋のやちむんを使うまで、魚紋は苦手でした。
とは言っても、やちむんで人間国宝になった金城次郎さんの魚紋は大好きなんですが、
日常使い出来るようなこの手のサイズは持ち合わせておらず、他のものはどうも使う気になれなかった。


「沖縄の焼物」「魚紋」「パスタ」。聞いただけだとどうにも組み合わせが良いとは思えないけれど、
写真でご覧の通り、具材は貧しくとも(恥)、なかなか立派に見えるじゃないですか。
例えばこの皿は7寸、いや7.5寸ほどで23cm。一人前100gほどのパスタを、
ちょっと高さをつけて気取って盛りつけることができます。


これが、仲村まさひろさんの器であり、本物のやちむんの力なのではないか、と思います。



やちむんの善し悪し



正直に言うならば、やちむんの皿は洋食器を中心に暮らしてきた人にとってはなかなか扱いにくいでしょう。
一般的な食器に比べて同じ大きさなら重さがある、厚みがある、深さがある。


やちむん まさひろ工房
左:登り窯から窯出しを待つ器。右:窯から出され、重ね焼きを外す作業。まさひろさんのものは特に昔らしい厚み。


土の個性から生まれる形は、たとえ皿と言っても、鉢ほどに見える深さがある。
(だからこそパスタなんかは映えるのだけど!)


これなんかがわかりやすい。


やちむん まさひろ工房

台湾風に刀削麺を肉そぼろと各種野菜で和え麺にしたもの。
6.5寸ほどのサイズで、深さがある沖縄の器だからこそできるもの。
真上から見ても具材の色と柄の色とがとっても良い雰囲気になる。
慣れないから「悪し」ではなく、その個性を活かしたらとっても面白い。



それから、一般的に言われるのは、
高台(器の底)がフラットな皿に比べれば重ねたときにかさばること。
これだって、気に入ったお皿ならかさばっても良いじゃないですか。
これだけ美しいお皿なんだから、飾っても良いんです。そういう皿立てもいっぱいありますから。



また、何よりそれ1枚と洋食器を組み合わせたらどうしてもそのやちむんが浮いてしまう。
と言われることもあります。


だけど、見ての通り、他のものに代え難い魅力があり、それを知ってしまうと、
他の食器をやちむんに合わせたくなってしまうから、これ不思議。
今まで何人そんなやちむん中毒の人を見てきたことか!笑

そして、こういう食器は手作りで電子レンジなんかが駄目だと思われたりしていますが、
電子レンジは全く問題無くお使い頂けますし、
食器の摩耗が早い、ということを前提として受け入れれば食洗機だって使えます。



実際に使う。



例えば、日常で最もよく使う食材「豆腐」。それも僕は奴さんが好きだから、


やちむん まさひろ工房
左:5寸皿に中華風肉そぼろ掛け。中:5.5寸皿に山形風の「だし」。右:6.5寸のちょっと深さのある皿に香菜たれ。



夜、軽く一杯やりたいなぁ、なんて時だって。


やちむん まさひろ工房
左:上は5寸皿で鹿児島のさつま揚げに、下は4寸皿で大根の皮の漬物。右:五寸皿にハムカツ(たまらない)。



それから、日々のおかず。朝ご飯、昼ご飯、夕飯。どんな時間、どんなおかずでも。


やちむん まさひろ工房
左上:6.5寸の深さのある皿に中華風の冷やしゃぶで。貴州省で買ってきた辣油が旨い。深さがあるので汁物もOK。
右上:残り物の刺身を漬けにして、翌日の昼食の小皿に。これは4寸皿。焼き菓子やお茶うけにも使うサイズ。
左下:取り皿の定番サイズの5寸だけど、比較的フラットなので切り身の魚はこれでも良い。
右下:6.5寸、左上と同じ器に桃。季節の果物、りんごや梨もよくこのサイズの皿を使う。



沖縄でマカイと呼ばれる碗も使い勝手が良い。
4寸、4.5寸はお茶碗サイズだからとにかくよく使う。


そしてこれ、丼サイズ。


やちむん まさひろ工房
約16cmの5寸マカイは小どんぶりサイズで丼ものにはもちろん(写真右カレー丼)、
左のように盛り鉢としても活用できます。ポテトサラダのみならず、サラダや和え物には抜群に使い勝手良い。
豚汁とか、具沢山のスープにも活用できる。



出来たらトライしてもらいたいな、というのが大皿。
いわゆる僕らが「尺皿」と読んでいる30cmほどの大皿は家族での食卓や、パーティーなどには
絶対に1枚あると役立つ、そして誇らしい品。


やちむん まさひろ工房

ただの素麺もこの通り。
ちなみに手前の薬味用の小鉢も仲村さんの3寸のマカイで。これは湯呑みにもなるし、便利。



まだまだ色々。



仲村さんのやちむん、まだまだあります。
沖縄独特のもので言えば、酒器、安南鉢、ワンブーと呼ばれるお碗、そんなものもあるし、
お茶やコーヒーの時間にぴったりのものも。


他の窯と組み合わせて使っても面白い。
この企画、どうぞ次回もご期待下さい。




やちむん まさひろ工房の商品一覧へ戻る