ゲストさま、みんげい おくむらへようこそ!

民藝と手仕事の道具 みんげい おくむら本店TOP > 産地で選ぶ > 産地で選ぶ器(焼物) > 岐阜・美濃(美濃焼)


美濃の焼物(美濃焼)と歴史


美濃の焼物の歴史は古く、今から1300年以上も昔に朝鮮から伝わった須恵器に由来すると言われています。

平安時代には、土師器(はじき)、須恵器(すえき)、灰釉(かいゆう)が焼かれていました。

鎌倉・室町時代になると、山茶碗(やまちゃわん)・古瀬戸(こせと)・灰釉(はいゆう)、鉄釉(てつゆう)が
焼かれるようになります。
室町時代には、徐々に天目釉(天目釉)や黄瀬戸(きせと)の茶碗、片口などの食器類が焼かれるようになりました。

桃山時代に入ると、黄瀬戸や瀬戸黒(せとぐろ)、志野(しの)といった焼き物が次々と生まれ、
茶陶文化が一気に花を開かせました。

また、山の斜面を利用した「連房式登窯(れんぼうしきのぼりがま)」と共に、
斬新なデザインのやきものが生まれ、これが織部(おりべ)と呼ばれるようになります。


この茶陶文化が発展したひとつの要因としては、千利休の侘び茶の世界が確立され、
茶会席が流行したことが挙げられます。

「黄瀬戸・志野・織部・瀬戸黒」等が作り出された桃山時代は、日本を代表するやきものが生まれた時代だったそうです。

そしてこれらを生み出した美濃がその主役であったことは言うまでもありません。


しかし、時代の流れにより、茶陶から日用雑器を中心に生産されるようになっていきました。

また、それにともない陶器中心だったものが磁器中心になります。


現在では和食器中心の陶磁器製品だけでなく、洋食器や、工業用タイルなどの生産も盛んで、
和食器の全国生産の60%以上を生産する陶磁器の生産地になっています。



美濃の焼物(美濃焼)の主立った産地


岐阜県土岐市、多治見市、瑞浪市、可児市


美濃焼の商品一覧


2 件中 1-2 件表示 


2 件中 1-2 件表示