愛知県碧南市(三河地方)で伝統的に生産される七輪。手作りの七輪として日本で最高の品質と実用的な価格、機能性が魅力です。




 ゲストさま、みんげい おくむらへようこそ!

ホーム > キッチン用品 > 調理器具 > 七輪


杉松製陶の黒七輪
黒七輪


愛知県の碧南市に日本で唯一、黒七輪を作る製陶所があります。
それが「杉松製陶」さんです。


かつてここは七輪の一大産地で、黒七輪に限らずかなり多くの製陶所があったそうですが、
現在は七輪を作るのが数軒。黒七輪を作るのはただ1軒、と職人の杉浦さんは言います。


黒七輪


昭和23年創業、と古い工房ではありませんが、
一貫して高品質の七輪にこだわり、現在3代目。

手作りであることにこだわり、多くの支持を受けている昔ながらの調理器具です。


三河の土と黒七輪


三河地方は、江戸時代から続く”三州瓦”の産地として知られています。
この地方には焼き物に適した粘土が多く産出し、瓦以外にも多くの焼き物が作られてきました。
七輪や植木鉢などの焼き物の生産も盛んに行われています。

三河土は、熱にとても強く(直火OK)、また保温能力に優れていると言われ、
七輪の原材料に適しているという特徴がありました。


この三河の土を七輪の素材として有名な「珪藻土」(けいそうど)でコーティングしていますので
珪藻土だけで作られたものより重く、ずっしりしていますが、丈夫で長持ちしますし、
保温性が素晴らしいのです。


また、特徴的なこの黒い色は、三河の土に炭を塗って乾かし、
それを那智黒石でぴかぴかに磨き上げます。


黒七輪
※左から、珪藻土の内側の層。焼かれた七輪の断面図。那智黒石を塗って焼成前の最終工程。



黒七輪の機能性


言うまでもなく、黒七輪で調理するのは「旨さ」があるからです。
炭焼きの肉、魚、野菜。

これが手軽に味わえるということに喜びを感じます。
また、炭の保ちも良く、燃焼効率が良いのも特徴です。

たとえば、小さい方の七輪でも4人くらいのバーベキューならすぐにできます。
また、炭の片付けと網を洗うだけで良いという、片付けの楽ちんさも見逃せません。


大きい方は豆炭を使う事ができますので、豆をゆっくりと長い時間煮込む、
というような作業には本当にぴったりです。


それから、黒七輪は「風戸」と
言われる火力調整用の窓が金属ではなく、
土の切り出しで作られています。

普通の七輪が壊れる原因は
ここが金属で出来ているため、
それが劣化したり腐食したりして
取れてしまうのですが、

この七輪ではそれが起こりません。
長持ちする理由の一つはそこにもあります。

また、土の切り出しで作られて
いるため、色も調和しており、
ルックスも良いです。
 
黒七輪




近年注目される「七輪」


七輪は近年注目を集めています。
災害の時の熱源、また暖房としてとても役に立つからです。

使い方を守れば、普段使いで家でも。
そして持ち運びしてBBQに。
いざというときの災害備品としても。


シンプルに焼かれた食材の美味しさを新鮮に感じることもでき、
また、社会情勢にもあった家庭の備品としても見直される注目の「道具」です。



杉松製陶の黒七輪づくり


2012年春、みんげい おくむらは黒七輪を求め、
窯詰め作業のまっただ中の杉松製陶を訪ねました。

→詳しくはこちらから「三河の黒七輪作りの見学(杉松製陶)をご覧下さい。



杉松製陶の黒七輪 一覧

2 件中 1-2 件表示 


2 件中 1-2 件表示 



4 件中 1-4 件表示 

杉松製陶 黒七輪(木炭用 φ27cm)

杉松製陶 黒七輪(木炭用 φ27cm)

5,184円(税込)

完売しました

ステンレス 焼き網(丸) 27cm

ステンレス 焼き網(丸) 27cm

3,456円(税込)

完売しました

杉松製陶 黒七輪(木炭・練炭用 φ29cm)

杉松製陶 黒七輪(木炭・練炭用 φ29cm)

7,344円(税込)

完売しました


ステンレス 焼き網(丸) 29cm

ステンレス 焼き網(丸) 29cm

3,888円(税込)

完売しました


4 件中 1-4 件表示