大阪府堺市で作られる、昔ながらの注染(ちゅうせん)の手ぬぐいの通販。伝統の染めの技術を活かした様々な柄。「にじゆら」の手拭い。




 ゲストさま、みんげい おくむらへようこそ!

ホーム > 生活雑貨(荒物) > 注染手ぬぐい



手ぬぐいとは?

手ぬぐいとは、30数センチ X 90センチほどの長方形の切りっぱなしの布。
綿製。

木綿の広がりと共に、広がった、江戸時代からの庶民の生活雑貨です。

その名の通り、「手をぬぐう布」でしたが、
タオルやハンカチのように使うのはもちろん、
スカーフ代わりにしたり、食器の覆いにしたり、
飾ったり、テーブルにしいたり、
縫い合わせて暖簾や洋服を作ったり。

当店の商品なら、 あけびかご竹かごの荷物のかぶせにしたり、 椀かごのかぶせにしたり。

今やなんでもできる、万能クロスです。
ハンカチでもタオルでもなく、少し持っておくと何かと便利な布。

様々な柄があるのが特徴で、
その柄を染めるのにはいくつかのやり方があります。

当店では伝統技法の「注染」(ちゅうせん)の手ぬぐいのみを扱っています。
(当店で扱うのは今のところ「にじゆら」ブランドのみです。)


注染(ちゅうせん)とは?

注染とは、その名の通り、「注いで」「染める」技法です。
二十数メートルほどある長い木綿の晒(さらし)の布を
ジャバラ上に折り重ね、その上から染料を注ぐ事で、
一度に20〜30枚分の手ぬぐいが染め上がります。

染め上がった布には、表と裏がなく、
両面染まるのが特徴です。

染めの工程は熟練の職人さんの経験と感に頼るところが大きく、
出来上がりは彼らの腕次第。
独特の「にじみ」や「ゆらぎ」はここから産まれてきます。

その「にじみ」、「ゆらぎ」、「ぼけ」みたいなものが注染の大きな魅力です。


注染の工程

注染の工程を実際に見てみましょう。


デザインが決められ、型紙が作られます。
いよいよ、注染のスタートです。

(1)糊置き(板場)

白生地を糊台の上に敷き、木枠で型紙を固定します。その上から防染糊を木ベラで
ムラのないように伸ばしてこすりつけます。糊が付けられた部分は、染料がしみ込んでいきません。

注染 注染

それが終わると木枠を上げ、残りの生地をを同じ長さだけ折り返し、
木型と枠を下ろし、また防染糊をこすりつけます。

この作業を手ぬぐい約25枚分繰り返します。

注染 注染


(2)注染(壺人)

折り重なった状態の布を染台に移動し、必要の無い部分に染料が流れないように、
糊で土手を作ります。

注染 注染

その土手の中に”ドヒン”と呼ばれるじょうろで染料を注いでいきます。
染料を均等に、効率浸透させるために、染台に設置した減圧タンクを使います。

注染 注染

下からポンプで吸引しながら注ぐため、生地の目(隙間)をつぶすことなく染め上げることができ、
生地の柔らかな肌触りを保つ事ができるのです。


(3)水洗い(川)

染めがひと通り終わると「川」と呼ばれる洗い場に向かいます。
前工程の生地が重なり、くっついている状態の生地の、防染糊や余分な染料を洗い流します。

注染 注染


(4)乾燥(伊達)

生地を十分に水洗いした後、脱水機にかけ、色が変色しないように、すぐ乾燥させます。
その昔は天日干しをしていましたが、今は天日状態を作った乾燥室で乾燥させます。

注染 注染


(5)完成

乾燥を終えた布は繋がった状態なので、点検を兼ねて巻き上げ、しわ取りをして、
寸法に合わせてカットします。その後たたみの工程で一枚ずつ検品し、商品となります。


手ぬぐいの商品一覧

現在登録されている商品はありません