ゲストさま、みんげい おくむらへようこそ!

民藝と手仕事の道具 みんげい おくむら本店TOP > 産地で選ぶ > 世界の民芸 > 朝鮮の民芸 > 朝鮮の陶磁器(李朝) > 李朝の粉青沙器




朝鮮の粉青沙器



 粉青沙器(ふんせいさき)は朝鮮の焼き物で、高麗青磁と白磁の間をつなぐ、
15世紀に最も盛んになった焼き物のことで、
日本で朝鮮の三島、刷毛目、粉引、などと呼ばれるものはだいたいこの時代のものが多い。


鉄分の多い土に、白化粧土を掛ける、というそのスタイルは、
日本の窯場、民窯にもよく見られるもので、
そういった意味では粉青沙器はわかりやすいかもしれない。


技法的には、象嵌や掻き落とし、線彫り、印花、刷毛目、などがあり、
鉄釉を用いた鉄絵もよく見られる。


青磁に比べれば随分とのんびりしたもので、
穏やかさが非常に魅力的だ。


モチーフとしては青磁と変わらないのだが、
同じ紋であっても、やはりその見た目の違いから、どれも穏やかに見える。






朝鮮の粉青沙器 商品一覧



23 件中 1-23 件表示 


23 件中 1-23 件表示