世界中にコレクターがいるクバ王国の布。アフリカ民藝の中で最も世界で知られ、またインテリア性の高いものかもしれません。




 ゲストさま、みんげい おくむらへようこそ!

民藝と手仕事の道具 みんげい おくむら本店TOP > 産地で選ぶ > 世界の民芸 > アフリカの民芸 > クバ王国の布(草ビロード)


クバ王国の布(草ビロード)



コンゴ中央部、クバ王国で使われている奇抜な文様をもつラフィアの織物です。
クバ王国は18の部族からなり、この地域全体でラフィアの布が織られていますが、
独特な文様を持つ布の製作で有名なのは、王族である ブッショング族(Bouchong ) とショワ族です。


ブッショング族の布の中でも、独特の文様をもつものは、ヌチャック( Ntchak ) と呼ばれています。
矢印、格子、二重の円、菱形、くの字など多様な文様が縫い込まれたアップリケの布で、
70-80cm四方の正方形の布を10枚ほどつないで、女性用の装束として使われます。


一方、ショワ族の布は、いわゆる草ビロードと呼ばれるラフィアの刺繍布です。
ラフィアの平織りの布に単純な刺繍とランバットとよばれる糸の束を突起させ、
もこもこ感を出す刺繍の2種類の方法で、幾何学的な模様を織り込んでいます。

草ビロードに織り込まれた幾何学的な文様のモチーフは、
生活の中で関わりをもつ身近なものから想起されたものが多く、
それぞれの文様には名前がつけられて、繰り返し使われています。


ブッショングのヌチャックもショワの草ビロードも、儀式などの大切な晴れ舞台の場でまとわれるとともに、
葬儀の際に使われ、死装束として埋葬されるのです。




クバ王国の布(草ビロード) 一覧

1 件中 1-1 件表示 


1 件中 1-1 件表示