ゲストさま、みんげい おくむらへようこそ!

民藝と手仕事の道具 みんげい おくむら本店TOP > 窯名や作家名で器を選ぶ > ソロソロ窯(北海道・臼田季布)


ソロソロ窯


厚沢部ソロソロ窯(北海道・臼田季布)




当店初の、北海道の焼き物の作り手になります。
北海道の焼き物の歴史は比較的浅く、江戸末期から明治にかけて始まったと言われます。

しかし、伝統の窯、あるいはこういったものが北海道の焼き物、というようなものは特になく、
現在は個々の作り手が自由に制作をしている、そんな土地です。


なぜ、北海道では歴史的に焼き物が盛んではなかったのか。
答えは簡単。厳しい冬です。
放っておけば粘土は凍る。これは想像以上に大変なことです。
手で土をこね、成形する。それができない。


そんな北海道で、
当店が取り扱うソロソロ窯は厚沢部町(あっさぶちょう)という、
函館から車で1時間半ほどの山の中にあります。
エリアで言えば道南。北海道では比較的冬が穏やかな方、でしょうか。



ソロソロ窯のものづくり




窯主、臼田季布(うすだきほ)さんは東京生まれ。
焼き物はなんと、沖縄に学び(読谷山焼北窯・松田共司工房)、
奥さんの縁で北海道に窯を築きます。


ソロソロ窯


工房は地元の廃校です。
学校と言っても、もともと大人数がいたような学校ではなく、小中学校が一緒になった、
平屋のこじんまりとしたもの。
元職員室だという、ろくろ場、その窓から広がる景色のすばらしさたるや。


校庭だった場所に薪置き場があり、窯があります。
窯は登り窯ではなく、単窯。
薪で焼かれる非常に単純な構造の窯ですが、登り窯のように窯ひとつひとつに癖があり、
焼成は簡単なものではありません。


ソロソロ窯


敷地の奥は畑が広がります。
そば畑からは収穫後の草を分けてもらい、灰にして釉薬に混ぜたりもするそう。


ソロソロ窯


そのさらに奥には雄大な山の姿。


この景色があってのものづくり、とは臼田さんの話。



焼き物は、比較的シンプルです。
北海道やいくつかの土をブレンドして使い、
釉薬も白化粧や呉須、といったものであまり多くの色を使いません。


ソロソロ窯



歴史や伝統がないということはある意味何をやっても許される。
沖縄に学び、この場所に築窯した臼田さんがこれから生み出す焼き物は、
この景色や土地にどう馴染むのか。
ゆっくりと見届けたい、そんな想いです。




厚沢部ソロソロ窯(北海道・臼田季布) 商品一覧はこちらから