TEMBEAの型染めのバッグ。生地は型染作家 山内武志さんが染めたもの。山内さんは芹沢_介氏のもとで修行、民藝店「アトリエぬいや」を営みながら創作を続けています。




 ゲストさま、みんげい おくむらへようこそ!

民藝と手仕事の道具 みんげい おくむら本店TOP > ブランドで選ぶ(生活道具) > TEMBEA > TEMBEA 型染めシリーズ


TEMBEA型染めシリーズ


TEMBEAの型染めバッグ



TEMBEAでは、型染めの生地を使ったバッグを新しく作りました。
生地は型染作家 山内武志さんが染めたものを使っています。


TEMBEA型染めシリーズ
(左より、クラブトート。中、バゲットトート。右、トートバッグミディアム。)


山内さんは、人間国宝である型絵染人の芹沢_介氏のもとで修行し、
現在は故郷の浜松に戻り民藝店「アトリエぬいや」を営みながら創作を続けています。


TEMBEA型染めシリーズ


型染めは日本の伝統的な染色技法で、多くの作業工程があります。
型紙作りから糊置き、刷毛染め、洗い、そして仕上げに天日干しをします。
全ての工程を手作業で行うため形や色の見え方は、均一ではなく、ひとつひとつが個性をもっています。
しゅっとしてシャープな線が美しいものや、線が歪んで滲みがあるものなど、
どの形も味わい深く、その表情の多さに魅了されます。


TEMBEA型染めシリーズ


色味は、その日の天候によって左右されます。
良く晴れた空の下で、真白な生地にささっと染料を乗せたそばから、
色鮮やかに発色する様子がとても美しく、今でも目に焼き付いています。


“どこにでもある誰のものでもない模様だけれど、僕がデザインすることで僕らしい模様になる”
と言う言葉のとおり、山内さんの人柄を表したようなおおらかで優しい生地は、
いつも身につけたくなるような心地よさがあります。


TEMBEA型染めシリーズ


“染め物ひとつで暮しがうるおえばと願って染め続けています” とご自身が話す通り、
TEMBEAの型染めバッグを持って、日々の生活を楽しんで頂けたら嬉しいです。



TEMBEA型染め商品の注意点



TEMBEA型染め

型染めは日本の伝統的な染色技法で全ての作業を手作業で行うため、
生地の染め上がりは均一ではなく一点一点風合いが異なります。

作業工程の中で生まれる滲みやシミに見える場所がございますが、
(写真左、中のような状態です。)
生地のダメージや汚れではなく型染めの特徴で、
TEMBEAではこの滲みを風合いとして捉えデザインしています。


写真右のものは生地の端の表情を生かしたもので「耳」と呼ばれるものです。
これもまた伝統の古い織機ならではの味ですのでご了承下さいませ。



TEMBEAの型染めバッグ 商品一覧





1 件中 1-1 件表示 


1 件中 1-1 件表示 



15 件中 1-15 件表示 


15 件中 1-15 件表示