ゲストさま、みんげい おくむらへようこそ!

民藝と手仕事の道具 みんげい おくむら本店TOP > 日本の染物(染色工芸) > 山内染色工房(ぬいや・山内武志・浜松) > 山内染色工房訪問記2


山内武志


山内染色工房訪問記2




最初に浜松の山内さんを紹介してくれたのは、 瀬戸本業窯の水野雄介さんだった。


水野家と山内さんは古くから繋がりがあり、
定期的に「ぬいや」で展示もやっていたそうで。


山内さんの工房を訪ねるとそのことがよくわかった。
作業に使う道具から、お茶請けまで、
瀬戸本業窯がたくさん。


山内武志


山内武志


山内武志


山内武志



これだけでも、瀬戸本業窯のうつわが育つうつわだということがよくわかる。


瀬戸本業窯のうつわの一覧はこちらから。



山月日の制作



山内さんの型染めの中に印象的なモチーフとして、
山(富士山も)、月、日、雲、などがあるが、
その山と月と日が組み合わされたユニークな「山月日」をちょうど染めていたところだった。


山内武志


山内武志


山内武志


山内武志



この柄、「かわいい」と言ってしまえばそこまでなのだけど、
いやほんと、愛らしいんです。

山なんか意外と鋭くギザギザなのに、なんでか優しいし、おおらかにも思える。


のりを落とした後にまた藍染めして模様に色を入れたり、
手間が余計掛かった仕事。


個人的に藍染めが大好きなので、
この辺の藍染めのものはできるだけ定番として置いていきたい。




3 件中 1-3 件表示 


3 件中 1-3 件表示