ゲストさま、みんげい おくむらへようこそ!

民藝と手仕事の道具 みんげい おくむら本店TOP > 産地で選ぶ > 世界の民芸 > アフリカの民芸 > マダガスカル 野蚕の絹織物(ランバメーナ)


ランバメーナ


マダガスカル 野蚕の絹織物(ランバメーナ)



野蚕(やさん)、と言われても何が何だか想像がつきませんでした。
養蚕(ようさん)の反対、絹糸を生み出す野生の昆虫から絹糸を作る事。

元来アフリカのマダガスカルでは、この絹を用いて死装束を作っていました。
それがランバメーナ(Lambamena)と呼ばれるものです。

ランバメーナ自体は「赤い布」を意味し、そこに住む人々にとって、
とても大切な布です。
オリジナルのものは天然染料で赤褐色に染められます。
一枚の布を作るのに相当な時間がかかります。
如何に死者を送り出すことを大切にしていたかが伺えます。


今はこの稀少な仕事をは、世界各地でwild silkとして知られ、
特にヨーロッパで高い人気を誇ります。
そしてそられは、オリジナルのものよりも手をかけ、柔らかく仕上げ、
ストールとして作られています。





マダガスカル 野蚕の絹織物(ランバメーナ) 商品一覧



2 件中 1-2 件表示 


2 件中 1-2 件表示