ゲストさま、みんげい おくむらへようこそ!

民藝と手仕事の道具 みんげい おくむら本店TOP > 窯名や作家名で器を選ぶ > まゆみ窯(真弓亮司・熊本)

民藝と手仕事の道具 みんげい おくむら本店TOP > キッチン用品 > 調理器具 > 土鍋やアルミ鍋 > 土鍋 > ご飯鍋

民藝と手仕事の道具 みんげい おくむら本店TOP > 窯名や作家名で器を選ぶ > まゆみ窯(真弓亮司・熊本) > まゆみ窯 土鍋


まゆみ窯 真弓亮司さんのご飯炊き用土鍋


ご飯専用の土鍋を持つという贅沢。歓び。
土鍋で炊くご飯は美味しいと多くの人が聞いた事があるはず。

それはその通りなんです。

でも、実は僕は今まで普通の土鍋でご飯を炊いていました。
それでも充分美味しかったので。

しかし世の中にはなんでかご飯炊き専用の土鍋があります。
何でだろうと思って、熊本のまゆみ窯さんにお願いして
ご飯用の土鍋作りがスタートしました。

ご飯炊き専用にした土鍋で炊いてみると、旨い。
お鍋料理に使うような鍋と比べて圧倒的に炊きやすい。
そして仕上がりが良い。圧倒的に米が旨い。

それ用の鍋を買うということは場所を取ります。
でも、あまり使わない調理器具を捨ててでもご飯用の
土鍋に場所を用意することを僕はお勧めします。

まゆみ窯の真弓亮司さんにお願いしたのは、価格。
どうしてもデイリーに使いたい。でもいわゆる作家さんの
土鍋は高い。2、3万円してしまうものもザラ。
真弓さんはろくろ技術に定評があるし、普通の土鍋も
比較的買いやすい値段で提供してくれている。

無理を承知で1万円台でやって欲しいとお願いし、
どこまでも厚かましく、それを実現するために削ることが
できるところは徹底的に削って欲しいとお願いした。
それがこの土鍋。

 

専用というだけのこだわりがあるんです。
価格にもこだわりたかったけど、まず当たり前に美味しく。

そのためにこだわったのは「高さ」。ご飯を美味しく炊くには
お米を上下に上手く対流させる必要がある。
しかしここもろくろの技術が悪いと様にならない。
真弓さんならではの技術が生きる。そしてどことなく
手仕事感がきちんと伝わる仕上がり。外側の風合いが良い。

色はあくまでもご飯を美味しく見せるためシンプルに。
出した結論は「鉄釉」。さらりとして黒っぽい焦げ茶色。
白米の輝きを最高に引き立たせ、炊き込みご飯も映える。

また土鍋の保温性の良さは土と厚み。
でも厚みは言い換えれば「重さ」でもある。
女性が日常で心地よく使えるには重すぎてはいけないし、
厚みがあるけど重すぎない、ギリギリのところ。

もったいつけて使うものじゃないから装飾は少なく。
これが結構こだわりで、下手な装飾はどこかにぶつかって
壊れる可能性を高めたりする。これは蓋をひっくり返して
収納がしやすくなるし、とにかくシンプル。これが大事。

シンプルなのは見た目よりも炊き方かもしれない。楽ちんです。

 

米と会話する時間が何よりも楽しいから放っておけない。
炊き方はシンプル。研いで30分〜1時間水に漬けた米。
それを米と同量かやや多めの水で炊き始める。
(米の個性によるがまずは同量。)強火で沸騰を待つ。
沸騰したらとろ火に落として5分強。
(このお鍋の場合はこのくらいで大丈夫。)
おこげを作りたかったら5分程経った時に
もう一度強火に戻す。数十秒から1分程度?
そして火を止めて20分蒸らす。これだけ。

慣れないうちは土鍋のそばに耳を近づけてみる。
まだ水が多いうちは沸騰のボコボコやグツグツと音が
聞こえてくる。水分が減り、お焦げができるころには
土鍋の中からパチパチと聞こえる。
このライブ感が何よりたまらない。蒸らしの時間は、
水加減が心配でつい蓋を取りたくなるがここはぐっと我慢。

蒸らしが終わったら蓋を開け、米の具合を確認。
ちょっと水分があるかな、と思っても大丈夫。
しゃもじで混ぜる。切るように混ぜると水分が上手に飛ぶ。

焦げが心配な人は湯気を嗅ぐ。ホントは開けちゃいけない。
でも最初のうちは慣れるまで少し開けて様子見もOK。

 

ふっくら炊きあがったお米の味を上手に言葉で表現することはできないけれど…。
ふっくらと炊きあがったお米の美味しさを
上手に言葉で表現する力は無いけれど、
普段はお米はお茶碗一杯で充分な僕が、
まず塩昆布と梅干しで一杯。
鰹節とだし醤油でもう一杯。
最後に塩昆布茶漬けで一杯。

正直三杯目はお茶漬けじゃなくて
米を味わうために、
普通に食べれば良いと思ったけど、

三杯ぺろりと食べてもまだイケる、そんな味。

ご飯との付き合い方を徹底的に見直したくなる、
シンプルな素材の味を楽しみたくなる、
まるで生活が変わってしまうのではないか、
そんなパワーさえ感じてしまいます。

最高のご飯鍋、自信を持ってお届け致します。

 

まゆみ窯 透明釉 ご飯鍋
まゆみ窯 透明釉 ご飯鍋
まゆみ窯 透明釉 ご飯鍋

まゆみ窯 透明釉 ご飯鍋

商品番号 mm0011200

この商品はラッピング可能です。

21,600円(税込)

【200ポイント獲得】※要会員登録

[ 送料込 ]

申し訳ございません。ただいま在庫がございません。

商品についてのお問い合わせ
レビューを書く
品名 まゆみ窯 透明釉 ご飯鍋
サイズ 外径19.5×内径15.5×高さ22p
産地 日本(熊本)
素材 陶器
注意 本商品は手しごとの商品でありサイズや色には若干の違いが起こり得ます。
商品写真になるべく近い物を集めておりますが、その点ご理解頂ける方のみご購入頂きますようよろしくお願い致します。
商品について 2、3合のご飯炊きにちょうど良いご飯鍋です。
今までのものよりも更に高さを出し、しかし底までご飯がすくいやすいように改良されました。
土鍋で炊いたご飯は本当に美味しい。
しかし匂いが移ったりは嫌なのでやはりご飯はご飯専用の土鍋で炊いてもらいたい。
そんな風に思います。


土鍋特集
伊賀や熊本の土鍋とお鍋の小物。大きさも形も色々揃えています。