やちむん(沖縄の焼物)が出来るまでを当店取り扱いのまさひろ工房(陶工仲村まさひろ)の工房を例に説明しています。




 ゲストさま、みんげい おくむらへようこそ!

民藝と手仕事の道具 みんげい おくむら本店TOP > 産地で選ぶ > 産地で選ぶ器(焼物) > 沖縄(やちむん・壺屋焼) > やちむんが出来るまで(読み物)


沖縄の焼物やちむん


やちむんが出来るまで(やちむんの作り方)



やちむん(沖縄の焼物)、と言われるものが多極化しています。
何をもって、どこまでやちむんなのか、が見えにくくなっているこの時代、
うちは地元の素材と伝統の登り窯でやちむんを作る、この三工房とお付き合いをしています。


・読谷山焼 北窯(宮城正享・松田共司・松田米司)
・照屋窯(照屋佳信)
・まさひろ工房(仲村まさひろ)


その中で、まさひろ工房を例にとって、やちむん作りを追いかけていきたいと思います。

仲村まさひろさんは、北窯初期の松田共司工房に学び、独立。
教えは北窯のその頃のもの、あるいは彼が愛する作り手から学んだもの、です。



やちむんを作る土



やちむん(上焼(じょうやち)と呼ばれる釉薬陶器)のベースになる粘土(陶土)は、
主に沖縄の北部で取れます。

一種類で良ければもちろんそれが良いのでしょうが、土にも個性があり、
なかなか一種類では焼きものになりません。それぞれの個性を組み合わせ、
焼物に向いた土を作っていきます。ここも陶工それぞれの経験や力の見せ所です。


やちむんの土
(赤土を採取する陶工仲村まさひろ。)


沖縄の粘土は鉄分を多く含む赤土です。焼くと黒っぽくなるのが特徴で、
これに白土をベースに作った白化粧土を掛け、白っぽい焼物を作るのです。
(やちむんを見ると、皿の裏、マカイの高台なんかは赤茶色い土が見えますね。これがベースの土。)


もともと白土が多ければ、白土で焼物を作れば良いのだけど、
これが少ないので、白土はあくまで仕上に。
昨今この白土が沖縄全体で少なくなり、陶工の間でも大きな問題になっています。
まったりと柔らかい表情の白土。これからどうなるでしょうか。



土は見つけたら終わりではありません。
もちろん、それをまず窯場まで運びます。規模は窯によりますが、良いものが見つかれば数トン運ぶことも。

土を運び、まずは乾かします。
そして水を張ったプールのようなところに入れ、かき混ぜ、待ち、浮いてきたゴミや不純物を取り除きます。
それを漉して水を抜き、いっぱいになったら土を移します。水分を蒸発させ、ようやく粘土らしくなります。
その作業を繰り返し、溜まったら、今度は工房内に持って行き、いよいよ、陶土を揉み、
空気を抜き、柔らかさや粘りを出してようやくろくろに乗せることができます。


やちむんの土



やちむんの釉薬(ゆうやく・うわぐすり)



焼物が色んな色になるのは釉薬のおかげです。
絵の具のように簡単に道具屋から買えてしまう時代ですが、
昔ながらのやちむんさー(やちむんの作り手)は天然素材を使って手作りします。


簡単に言うと、それらのベースになるものは、地元の稲藁や籾を灰にしたものや、
ガジュマル(沖縄の樹木)の灰、鉱物のマンガン(これは拾うことができる!)、
など、天然の素材、鉱物、土などを独自に混ぜたものです。


やちむんの釉薬
(左:米どころ金武町の稲藁。中:沖縄の至る所で見られるガジュマル。右:雨の後よく見つかるというマンガン。)



やちむん作りの燃料(薪)



沖縄で、やちむん作りの燃料と言われれば、琉球松の薪。
しかし、琉球松は年々減り、白土同様これも確保が難しい。

松以外の薪を試したり、皆試行錯誤しているが、登り窯を続けるなら、
薪の確保は絶対条件である。
(薪の確保が難しいのは全国的に同じで、これが薪窯をやれない理由の一つでもある。)


やちむんの薪
(一回の窯焚きで数トンの薪を使う。これも県内各地から集める。良質の薪を常に各所のやちむんさーが探している。)



やちむん いよいよ作陶



土、釉薬、薪、それらの準備を並行し、
窯焚きの段取りを徐々に整えながら、ようやく具体的なものづくりに入ります。



やちむんのろくろ挽き


ろくろを挽いて成形、乾燥。化粧土を掛ける。
また乾燥させて透明釉を掛ける。
また乾燥して最後に絵付けをする。


乾燥はタイミングが命だし、全ての工程が窯焚きから逆算して考えられていく。

一回の窯焚きで小さな窯で1000ほど、大きければ数千から万に近い焼物が入る。
膨大な作業。


やちむんの技法
(左:皿にイッチンという技法。中:酒壺には大胆な指掻き。文字通り力強く掻く。右:皿に飛び鉋。)



やちむんの窯焚き



こうした準備された焼物が、いよいよ窯に入る。
1000以上の焼物を窯に詰める、というのもなかなか大変だが、
窯の火の通りのクセなどを考慮して、どこに何を詰めるかも陶工の経験と勘。

まさひろ工房では、焚き口と呼ばれる登り窯の正面の部分を24時間焚き、
窯全体を温めていく。その後、それぞれの部屋(房)を両側から焚いていく。
それぞれ、4時間前後。

36時間から40時間ほどで終わる窯焚きだが、窯のご機嫌(湿気やその他要因)では、
それが最大で70時間にもなることも。


窯焚きは当店でまさひろ工房に密着したMOVIEがあるので、是非それをご覧下さい。









こうして焼かれたものを、窯焚き後4、5日そのまま冷まし、いよいよ窯出し、となります。



やちむんの薪


窯から出された色とりどりのやちむんが工房に並ぶ姿は壮観です。


登り窯は火が直接当たる窯焚きです。
火の力で、時には焼物が歪んだり、窯の土が降ってきて付着したり、
電気やガスの窯とは全く違った表情があります。


そうしたものも全て登り窯の焼物の面白さだと思い、
当店では歪みのあるものも、そういった「ふりもの」の付いたものも販売しています。




→やちむんの商品一覧に戻る