ゲストさま、みんげい おくむらへようこそ!

民藝と手仕事の道具 みんげい おくむら本店TOP > 日本の染物(染色工芸) > 山内染色工房(ぬいや・山内武志・浜松)


山内武志


山内染色工房(ぬいや・山内武志・浜松)




山内さんのおおらかな図案は見た人がそれを決して忘れないだろう力がある。


芹沢_介に師事し、地元浜松で独立し、以来ずっと染めの仕事を続けている。
伝統的な仕事から新しい取り組みまで、興味のままに仕事の幅を持たせているよう。
浜松には直営店「アトリエぬいや」もあり、こちらは諸国の民藝を取り扱っている。



山内武志

染色家 山内武志(やまうちたけし)

略歴
1938 静岡県浜松市 紺屋に生まれる
1956 東京蒲田の芹沢染紙研究所に入門
1959 日本民芸館展 日本民芸館賞受賞
1962 地元浜松に帰郷し、ぬいや染物店家業を継ぐ
1967 山内プリント研究所としてスクリーンプリント製作を始める
1976 フランス グラン・パレ美術館での「芹沢_介展」展示準備に同行
1978 浜松市美術館で「芹沢_介の身辺−世界の染と織展」展示準備を任される
    山内プリント研究所から山内染色工房の屋号へ
2005 型染め商品と諸国工藝品の販売店
   「アトリエぬいや」を開業
2011 日本民芸館展 奨励賞受賞
〜   現在 全国各地で展示会を開催

山内武志



山内さんの仕事




伝統的な染色技法である型染め、
フリーハンドで自由に模様を描く筒描き、
布の一部を糸でしばったり、折ってそこに圧力を掛けて布を染める絞り染め。
大きく言えばそのような仕事に区分されるが、
生地の素材や質感、染める色、などによって表現の幅は無限とも言える。


山内武志


旅、酒、諸国の民藝の話。
山内さんは朗らかに語る。


そのほがらかさが明らかにものを通して伝わると思います。




山内染色工房(ぬいや・山内武志・浜松) 商品一覧はこちらから





3 件中 1-3 件表示 


3 件中 1-3 件表示 



25 件中 1-25 件表示 




Subsequence Magazine Vol.2

Subsequence Magazine Vol.2

4,180円(税込)







25 件中 1-25 件表示