ゲストさま、みんげい おくむらへようこそ!

民藝と手仕事の道具 みんげい おくむら本店TOP > 産地で選ぶ > 産地で選ぶ器(焼物) > 沖縄(やちむん・壺屋焼) > やちむんを種類で選ぶ > やちむんの酒器


カラカラ


やちむんの酒器 カラカラや嘉瓶(ゆしびん)、抱瓶(だちびん)など



沖縄や鹿児島にみられる伝統の「カラカラ」。
おちょこと共に、泡盛を飲むには最高の酒器です。


嘉瓶(ゆしびん)と呼ばれるのは、ちょっと瓢箪のような愛嬌のある形をした道具で、
かつて、祝いの時に泡盛を詰め、贈った瓶。祝いが終われば持ち主に返されたんだとか。


抱瓶(だちびん)は水筒。三日月型をして、紐をつけて腰に付けたもの。
入れるのは主に酒。
酒用の持ち運びの道具が焼物で焼かれていたなんて、何て大らかなんだろうとワクワクする。


カラカラ
(左:照屋窯の小さい抱瓶。水滴として使っても。右:まさひろ工房のカラカラ。オーグスヤ(緑)の色が見事。)




嘉瓶も抱瓶も本来の使われ方は今や難しいが、
飾っておくだけであまりに力の強いものだ。

この伝統の形は作る技術も求められるため、今や作る陶工も少ない。
技術を残し、継承していくためにも少しずつ手にしてもらいたい道具だ。



また、今は日本酒用の徳利も作られる。
那覇あたりの居酒屋では磁器の安い業務用徳利に泡盛が入ってくるが、
この様式も結構個人的には好きである。
沖縄の焼物の徳利に泡盛、案外これも良い。





やちむんの酒器 一覧


101 件中 1-24 件表示  1 2 3 4 5 次のページへ最後のページへ










101 件中 1-24 件表示  1 2 3 4 5 次のページへ最後のページへ