ゲストさま、みんげい おくむらへようこそ!

民藝と手仕事の道具 みんげい おくむら本店TOP > 用途で選ぶ > 台湾茶・中国茶と道具(茶器)

民藝と手仕事の道具 みんげい おくむら本店TOP > 窯名や作家名で器を選ぶ > 艸茅窯(鹿児島・川野恭和)

民藝と手仕事の道具 みんげい おくむら本店TOP > 用途で選ぶ > 台湾茶・中国茶と道具(茶器) > 台湾茶・中国茶の道具 蓋碗・茶壺・急須

艸茅窯 無地蓋碗
艸茅窯 無地蓋碗
艸茅窯 無地蓋碗

艸茅窯 無地蓋碗

商品番号 so0010700

この商品はラッピング可能です。

11,000円(税込)

【100ポイント獲得】※要会員登録

数量
商品についてのお問い合わせ
レビューを書く
品名 艸茅窯 無地蓋碗
サイズ 約φ8.3 X H8.5cm
素材 磁器
産地 鹿児島
注意 本商品は手しごとの商品でありサイズや色には若干の違いが起こり得ます。
商品写真になるべく近い物を集めておりますが、その点ご理解頂ける方のみご購入頂きますようよろしくお願い致します。
商品について 川野さんの中国茶・台湾茶用の蓋碗です。
気持ちよく入る量で90から100ccほど。
一人から使える素晴らしい茶器です。
シンプルだけれどもどこか形に主張のある量産のものなどが多く見られますが、手作りのものでサイズも形もよくまさに入門から上級者まで幅広い方に使って欲しいもの。
そのため出来るだけお値段も抑えました。
蓋の裏側には焼成の際に釉薬を剥いで焼いた輪っかの跡がございますが、これは蓋のつまみや蓋の外側の釉薬を剥がして焼かないように工夫しています。
そのため、蓋をボディに合わせてもガリガリと音がしません。
なめらかな滑りです。
艸茅窯について 艸茅窯(そうぼうがま)は鹿児島県伊佐市(旧大口市)で作陶される川野恭和(かわのみちかず)さんの窯です。
白磁ですが、どくとくの青みを持ち、美しい磁器です。
川野さんは瀧田 項一氏に師事。
瀧田さんは富本憲吉に学び、濱田庄司に師事し、現代の民藝、特に磁器の世界では大きな影響を与えています。
そんな瀧田さんに学んだ川野さんは地元鹿児島で、火山灰などの影響を受けない穏やかな地を求め、大口の地に築窯。
以後美しい磁器の器を作り続けています。
近年は日本民藝館の民藝館展の審査員としても知られています。