ゲストさま、みんげい おくむらへようこそ!

民藝と手仕事の道具 みんげい おくむら本店TOP > 素材で選ぶ > 藍染め



スンバ島藍染めイカット

世界と日本の藍染め いろいろ



藍染めの美しさは世界共通のもの。

今や日本の藍染めは海を渡り、ジーンズや骨董に見られるボロは、世界中で愛されているし、

世界の藍染めが日本に入ってきて愛されてもいる。




ラオスの村で見たレンテン族の人達の日常着の藍染めの美しさは言葉にならない。
日々の野良仕事で肘や膝の色落ちは素晴らしく美しくなっていて、
思わず目でずっと追いかけてしまった。


インドネシアのスンバ島の古いイカットも、
(最上部の写真はスンバ島のイカットです。スンバ島の素敵な宿にて。)
使われた人の歴史を纏ったかのような風格と、
経年が生み出す豊かな色合いを持つ、極上の藍染め布でした。





しかし、世界中に溢れる藍染めやインディゴと呼ばれるものの中で、
いわゆる天然の藍染めの産地、となると現存する箇所はそれほど多くはなく、
その中でも我々の日々の暮らしに馴染むものは一握りかもしれない。


当店では、日本、そして日本近隣のアジア諸国、中東、アフリカ、
そういった地域のものを多く扱うため、藍染めもそういった地域のものを紹介します。



藍染め 産地の個性



藍染めの藍の原料自体の違いもあるし、
それを綿に染めるのか、麻に染めるのか、絹に染めるのか、
綿や麻はオーガニックなものなのか、手紡ぎなのか、手織りなのか、
藍染めの布といっても、産地によって全くその風合いは異なります。


藍染め原料


うちで扱うものでも、同じ国のものでも場所によって、
藍や布の素材の組み合わせが違うのだから、全く個性が違うし、
そこがまた楽しいところです。


しかしいずれも使い込めば良い色落ちを見せるものです。


出来ればデニムのジーンズのようにどうにか使い込んで、
洗って、使い込んで、洗って、
そして布を育てていって欲しいものです。




藍染めそれ自体に興味のある方はどうぞ作り方や素材の違いなど、読みものもご覧下さい(準備中)。




世界と日本の藍染め 商品一覧



187 件中 1-60 件表示  1 2 3 4 次のページへ最後のページへ




GOOD WEAVER INDIGO OVERDYE SCARF LIGHT INDIGO

GOOD WEAVER INDIGO OVERDYE SCARF LIGHT INDIGO

定価19,440円
15,552円(税込)

GOOD WEAVER INDIGO OVERDYE SCARF DARK INDIGO

GOOD WEAVER INDIGO OVERDYE SCARF DARK INDIGO

定価19,440円
15,552円(税込)



















187 件中 1-60 件表示  1 2 3 4 次のページへ最後のページへ