やちむんと呼ばれる沖縄の焼き物の通販。民芸の器としても評価が高い手しごと。南国沖縄らしい色鮮やかで美しく伸びのある絵柄。伝統の形。北窯、照屋窯、まさひろ工房取り扱い。




 ゲストさま、みんげい おくむらへようこそ!

民藝と手仕事の道具 みんげい おくむら本店TOP > 産地で選ぶ > 産地で選ぶ器(焼物) > 沖縄(やちむん・壺屋焼)


沖縄の焼物やちむん


やちむん 沖縄の焼物のこと



沖縄の焼物は琉球の方言で「やちむん」と呼ばれます。


大らかな表情と、どっしりした手触り、
日本はおろか、世界の焼物産地と比べても際立った個性を持つ焼物です。


主にはその歴史から「壺屋焼」(つぼややき)と呼ばれるもの、
その流れを組んで読谷村(よみたんそん)で焼かれるもの、それらから派生して、
県内各地で焼かれている焼物があります。

やきもんだから「やちむん」。「やむちん」と間違える人も多いですが、
やきもんの「やちむん」。どうぞお間違いなく。



沖縄の焼物やちむん
(「魚文」(ぎょもん)は人間国宝になった陶工金城次郎さんの器でもよく知られるやちむんの代名詞。)



みんげい おくむらがセレクトする やちむんの作り手



当店では、やちむんの作り手として、
伝統の登り窯の焼物を守り、昔ながらのものづくりをしている窯元を取り扱います。



・読谷山焼 北窯(宮城正享・松田共司・松田米司)
・照屋窯(照屋佳信)
・まさひろ工房(仲村まさひろ)


沖縄の焼物やちむん



の3窯をセレクトし、ご紹介しております。


いずれも伝統を重んじながら今の暮らしに合うやちむんを作っている素晴らしい窯、作り手です。



やちむんの個性・注意点



当店で扱いのやちむんは、伝統の登り窯で焼かれておりその個性として、
また、昔のものが好きな私店主のセレクトで、

・ゆがみのあるもの
・焼きが甘いもの・強いもの(いずれも風合いの問題で使用に差し支えありません。)


などを含みます。


サイズも計測しておりますが、小さいもので数ミリ、
大きいものではcm単位で誤差もございます。


これはどうしても避けられないことですので予めご認識下さいませ。




やちむん 商品一覧





988 件中 1-60 件表示  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次のページへ最後のページへ






















988 件中 1-60 件表示  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次のページへ最後のページへ